苦情解決制度とは、社会福祉法第83条に基づき、福祉サービスについての苦情を適切に解決するためのものです。
 当保育園も保護者のみなさま方からの苦情を真摯に受けとめさせていただき、その適切な対応と解決を図る体制を整えております。
 まず、苦情解決を図るために、苦情解決責任者として園長が、受付責任者として副園長がその任に当たることになっています。
 次に、苦情解決に社会性や客観性を確保し、保護者の立場や状況に配慮した適切な対応を推進するため、第三者委員として地域の3人の方々にその任に就いていただいております。解決して欲しいことやご要望などございましたら、保育園に直接だけでなく、第三者委員の方にもご相談ください。

園長 上月小百合

クリア

苦情解決第三者委員

  • 久保 進司(元小学校長・保護司)
  • 乾 美弥子(元大阪千代田短期大学附属幼稚園PTA会長)
  • 松田 和子(松田書店店主)

苦情解決

個人情報にさわる場合や、申込者の方が拒否された場合を除き公開します。

2020年4月~10月

苦情件数 2件ありました。

苦情相談と解決方法

*お迎えに来た時、保育室で大きな音で音楽が流れていた。どんな意図でしているのか。
 自由遊びの時に音楽が必要とは思わない。
      ↓
 子どもたちが好む音楽をかけてたが、音量が大きすぎた事を謝罪し、常時音楽をかける
 必要はないと考えている事を保護者にも伝え、ご理解して頂いた。